中古車査定で10万キロ走った車は買取してもらえるの?

そろそろ車を買い替えたい、乗らなくなったので手放したいといった時、長く乗っていた愛車は少しでも高く買い取ってもらいたいものです。

まずは愛車の見積りをすると思いますが、中古車を査定する際は主に、「車の年式・グレード」・「車の状態」・「走行距離」といったポイントが重視されています。
なかでも走行距離は大きく査定額が変わってくるポイントでもあり、5万キロを超えると「多走行車」、10万キロを超えると「過走行車」といわれるようになります。

自動車メーカーでは、自社が開発して販売した新型車の市場での寿命は、現在はどのメーカーも15年20万キロに設定しているようです。

これが自動車メーカーの市場保証の基準となっています。

このことから、10万キロを超える中古車はメーカーの基準の保証期間、寿命の半分を消化した状態といえます。
逆にいえばまだ残り10万キロも寿命があるといえるので、全然問題がないとも言えるのです。

しかし、現在の中古車市場査では、中古車を査定するうえでの一つの分岐点になっているので、中古車でもよほどの人気がない限り、10万キロを超えた車は査定額ががくんと下がる傾向にあるようです。

手放す側だと、がっかりしがちですが逆に考えてみると中古車の購入を検討しているのなら、現在の技術の進歩に伴う、自動車の品質の向上があるので、10万キロ程度の中古車はコストパフォーマンスが高いお買い得の車ともいえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする